PCSK9阻害薬:アリロクマブ(商品名:プラルエント)

PCSK9阻害薬:アリロクマブ(商品名:プラルエント)

血液中のコレステロール値が異常な状態になることを脂質異常症といいます。

 

 

その中でも、コレステロールの値が大きくなってしまっている状態が高コレステロール血症です。生活習慣の問題によって、コレステロール値が異常に高くなるのです。

 

 

また、中には遺伝的な問題でコレステロール値が高い人がいます。このような人は家族性高コレステロール血症と呼ばれます。

 

 

そこで、高コレステロール血症や家族性コレステロール血症を治療するために用いられる薬としてアリロクマブ(商品名:プラルエント)があります。アリロクマブは抗体医薬品であり、より詳しくいうとPCSK9阻害薬という種類の薬になります。

 

 

高コレステロール血症(HC)と家族コレステロール血症(FH)

コレステロールの中には、いくつか種類があります。その中でも、細胞や血管にコレステロールを運ぶものとしてLDLコレステロール(LDL-C)があります。コレステロールは細胞膜などの原料になるため、LDLコレステロールによって各組織へコレステロールが送り届けられることは非常に重要です。

 

 

ただ、LDLコレステロールの値が大きくなりすぎると、血管の壁などにコレステロールが付着するようになります。これが動脈硬化を引き起こし、狭心症や心筋梗塞などの心臓病リスクを高めてしまいます。また、脳梗塞などの脳疾患リスクも増加します。

 

 

そこで異常にコレステロール値が高い場合、薬によって値を下げることを考えます。そのときにアリロクマブ(商品名:プラルエント)を活用します。

 

 

 アリロクマブ(商品名:プラルエント)の作用機序

血液中に存在するLDLコレステロールについては、通常であればLDL受容体というものによって肝臓の中へ取り込まれます。肝臓に存在するLDL受容体が適切に働くことによって、LDLコレステロールを肝臓に引き入れて分解することができるのです。

 

 

ただ、高コレステロール血症(HC)のように血液中のコレステロール値が高すぎる状態では、LDLコレステロールに対してLDL受容体の数が足りなくなっています。LDLコレステロールの分解スピード以上にコレステロールが存在すると、その分だけ血液中に多くのLDLコレステロールが漂うことになります。その結果、LDLコレステロールの値が高くなってしまいます。

 

 

また、家族性コレステロール血症(FH)であれば、遺伝的な理由によってLDL受容体に異常が起こっています。

 

 

LDL受容体に異常があると、LDLコレステロールを認識して肝臓内に取り込むことができなくなってしまいます。LDLコレステロールが取り込まれず、血液中の中をずっと漂う状態になるため、LDLコレステロール値が高くなってしまうのです。

 

 

そこでLDL受容体の数を増やすことができれば、LDLコレステロールが異常に高くなっている状態を緩和できるようになります。家族性コレステロール血症であっても、LDL受容体の機能が完全になくなっているわけではないため、LDL受容体の数を増やすことで異常なコレステロール状態を回避できるのです。

 

 

肝臓の細胞膜の表面に存在するLDL受容体ですが、何もしないでいると分解されます。より詳しく言うと、PCSK9という物質がLDL受容体に結合することで分解が促されます。

 

 

そこでPCSK9の働きを阻害することができれば、肝臓に存在するLDL受容体は分解されなくなります。その結果、LDL受容体の絶対数を増やすことができます。LDL受容体の数が増えれば、血液中に存在するLDLコレステロールがより積極的に摂りこまれるようになります。これにより、血液中のLDLコレステロール値が下がります。

 

このような作用機序により、LDLコレステロール値を下げることによって脂質異常症を改善させる薬がアリロクマブ(商品名:プラルエント)です。

 

アリロクマブ(商品名:プラルエント)の特徴
前述の通り、アリロクマブ(商品名:プラルエント)は抗体医薬品です。感染症を発症したとき、細菌やウイルスを退治する物質として抗体が知られています。

 

抗体には、「ある特定の物質に対して作用し、無効化する」という性質があります。そこで遺伝子組み換え技術によって、「PCSK9という物質に対して選択的に結合し、無効化する」という性質をもった薬がアリロクマブ(商品名:プラルエント)です。

 

アリロクマブ(商品名:プラルエント)によってPCSK9を無効化すれば、PCSK9はLDL受容体に結合できなくなります。これにより、LDL受容体の分解が抑えられるのです。

 

LDLコレステロールが異常値を示すとき、頻繁に活用される薬としてはスタチン系薬と呼ばれる種類の薬があります。ただ、中にはスタチン系薬を投与してもなかなかLDLコレステロール値が改善しないことがあります。そのようなとき、アリロクマブ(商品名:プラルエント)が活用されます。

 

スタチン系薬を投与している場合であっても、効果が不十分なときはアリロクマブ(商品名:プラルエント)の出番になります。スタチン系薬と並行して使用し、2週間に1回の投与によってコレステロール値を改善します。

 

なお、注射剤であるので当然ながら主な副作用として注射部位反応があります。注射部位に痛みがあったり、赤く腫れたりすることが注射部位反応です。他の副作用としては、過敏症、湿疹、蕁麻疹(じんましん)、過敏性血管炎などのアレルギー反応が知られています。

 

このような特徴により、LDLコレステロール値が異常に高くなっている方へ投与され、スタチン系薬と並行して使用される薬がアリロクマブ(商品名:プラルエント)です。